新聞配達求人住み込み・アルバイト募集。寮完備・社宅完備,即決・即入居・日払い可能求人等(歩合営業・正社員・パート・バイト)募集検索,東京都内,横浜,川崎,千葉,埼玉,全国の新聞販売店仕事情報

 

 
 
 
 

 

中学生の新聞配達①/洋子の新聞配達日記 008

参考/小学生は新聞配達が出来ますか?

参考/中学生の新聞配達は合法です

参考/高校生の新聞配達のアルバイト

中学生の甥に尋ねられて・・・

家から車で30分程の所に私の妹夫婦が住んでいますが、今日は近所まで買い物に来たついでに子供連れで遊びに来ました。「久しぶり~まだ新聞配達続いてるの?」開口一番妹が感心したように言ってきました。「うん、毎日配達してる、この前はちょっと旦那に手伝ってもらったけど」その話を妹の息子が聞いていました。「おばちゃん新聞配達してるの?俺も新聞配達したいなあ~」と私達の会話に参加してきました。「何言ってるの?中学生でアルバイトなんてできないでしょう」妹はちょっとあきれた感じでした。「いや、私が行ってる新聞配達店に中学生でアルバイトしてる子いるよ」と私がいうと「本当?」と甥っ子は目を輝かせています。「でも、なんでアルバイトしたいの?」私が尋ねると甥っ子ではなく、妹が答えました。
 
「この子ね、電車が大好きで小学生の頃から電車の写真撮ったり、珍しい電車や汽車が走る場所に行きたがる『鉄道マニア』なんだ。小さい頃からプラレールが好きで」妹は溜息をつきました。「夏休みに青春18キップで日本全国に電車で行きたいんだ」甥っ子は妹の言葉をさえぎって答えました。「そうかあ、本気でやりたいんだったらまず、お父さんとお母さんに新聞配達をしていいかどうか聞いてみて、それでOKだったらおばちゃんが新聞店に聞いてみるから」妹はちょっと困った顔をしていました。「え~~本気?!この子が配れない時は親が配るんでしょ」「当たり前じゃん学校や部活でも新聞配達は休めないから親ができない時はしないと、でもえらいね親のお金あてにする子が多いのにこれくらいの子供は」私は甥っ子に感心していました。甥っ子のように目的があって新聞配達をしたい子は、まじめだし長続きするのを知っていたので私は協力してあげることにしました。
 
それから約2週間後、甥っ子と妹が訪ねてきました。「学校に話してみたら、親がいいならOKだって、担任の先生も若いうちから働くことを知ることは大切だって言ってた」でも、できれば他の生徒の手前あまり口外しないように言われたそうです。それから私は新聞店に早速電話してみました。今すぐには配達場所がないけどあと1カ月半位で前の人が退職するエリアがあるから、そこはどうか?ということでした。その場所はちょうど、私の家と妹の家の中間ぐらいの所で自転車で行けば配達場所まで行くのに30分近くかかる場所でしたが、「俺、頑張ってやるからお願いします」というので、今度新聞店に一緒に行くことにしました。「天気のいい日も雨の日も寒い日も頑張れる?」という私に甥っ子は力強く頷きました。
 

 

 

ページ先頭へ

新聞配達(住込み)求人/トップページへ

 
 
ホームページ作成方法