新聞配達求人住み込み・アルバイト募集。寮完備・社宅完備,即決・即入居・日払い可能求人等(歩合営業・正社員・パート・バイト)募集検索,東京都内,横浜,川崎,千葉,埼玉,全国の新聞販売店仕事情報

 

 
 
 
 

新聞配達店の人々①/洋子の新聞配達日記 010

新聞販売店の懇親会に出席

新聞配達を始めて10ヶ月程たったある日、新聞配達店の所長さんから電話がありました。「いつも頑張ってくれてありがとう!今度、うちの新聞店の集まりがあるから来てみない?」というお話でした。皆、朝が早いので夕方5時半からでしたが、旦那に聞いてみたらOKだったので行くことにしました。ある程度夕飯の用意をして家をでましたが、その日は旦那も早く帰ってきてくれて、あまり私だけで出あるくことがないのでちょっと心配でしたが、そういう集まりには参加しといたほうがいいという旦那のアドバイスもあり、会場である新聞配達店に向かいました。新聞店の2階には、結構広い部屋があって、長テーブルの上に軽食が並んでいました。表向きは勉強会みたいな感じでしたが、新聞店の所長さんの挨拶から始まり、日頃の皆の頑張りをねぎらうための催しのようでした。私の他に女性は4人いて、20代の若い子から、60歳ぐらいの主婦っぽい人もいました。ほとんどがおじさんでしたが、ポツンポツンと若い男の子もいて、全部で20人ほどでした。用事がある人が4人程欠席だったようで新聞店の人も合わせると30人程の集まりでした。何人か皆の仕事ぶりの紹介などの話をし、その後食事になりました。朝が早いのでアルコールは無し、皆お茶かジュースで乾杯しました。近くに座っているおじさん達の話を聞いていると、朝、早い人で2時くらいから仕事を始める人もいるようでした。私よりかなり早くから配達の準備などをしているようで、その人は1時間位して早々に帰られました。

借金返済の為、夢の為・・・働く目的は様々

私の隣の席のおじさんが話しかけてきました。「新聞配達キツクない?結婚してるの?」「はい、結婚してます。新聞配達は案外自分にあってて結構楽しいです。」おじさんはホーっと感心しました。「俺はもう15年位配達してるけど、前は借金があって大変だった。今は、他の仕事もしてて暇はないけどお金は少しずつたまってるよ」と言ってました。「子供が小さいうちに頑張って働きなさい」と念を押され「はい!」と答えました。他にも若い男の子は、自分でお金を貯めて飲食店のお店を出すためにバイトを3つもかけもちしているらしく、Wワークの人が何人かいました。私も昼間パートもしているので話が合って色々聞きました。家のローンを払う為、新車を買いたい人、学費を稼いでいる人、健康のためにやっている人など、様々な理由で新聞を配達している人がいました。私も子供達のためもありますが、いつかは家も買いたいので少しでも貯金したいのが本音です。雨の日濡れて、冬は寒いし、夏は蚊に噛まれるし、大変な仕事ではありますが、皆、目標や目的を持って頑張ってるのが判りました。
 

 

 

ページ先頭へ

新聞配達(住込み)求人/トップページへ

 
 
ホームページ作成方法