新聞配達求人住み込み・アルバイト募集。寮完備・社宅完備,即決・即入居・日払い可能求人等(歩合営業・正社員・パート・バイト)募集検索,東京都内,横浜,川崎,千葉,埼玉,全国の新聞販売店仕事情報

 

 
 
 
 

配達地域変更と給料アップ/洋子の新聞配達日記 018

配達エリアの変更を相談されて

朝の新聞配達を終え、パートに行って下の子の保育園に迎えに行く前に私は新聞店に行きました。入口にバイクを止めて新聞店へ入って行こうとすると、2階から大きな笑い声と日本語ではない言葉が耳に飛び込んできました。例のブラジル人2人組は元気に頑張っているようです。入口を入って事務所に行くと所長さんが仕事をしていました。「こんにちは」私は元気にあいさつしました。「洋子さん実は配達地域の事でお話があってね」と所長さんが切りだしました。「この前、応援に隣の地区に行ってもらったでしょ、ああいうことが無いように自由に動ける人をもう一人増やしたんだけど、そこで結構条件が良い所が空いたもので洋子さんそちらの方を配った方がいいのかなと思って」という話でした。お話からすると、今の配達先よりも自宅からはバイクで5分程遠くはなるものの、今までの一軒家の住宅が密集している所ではなく、マンションやアパート、企業が入っているビルなどが多い場所でした。以前から新聞を配達してくれる人を紹介してくれたり、まじめに働いてくれて困った時には応援もした私に条件がいいところが空いたら紹介するつもりだったというのです。そこならば、配達場所が集中しているので、今までと同じくらいの時間でかなり多くの配達ができるようになるというのです。

効率アップで給料アップ

私は、迷うことなく即答しました。「よろしくお願いします。」所長さんは、笑顔で答えてくれました。私が配達している地域の引き継ぎもあるため、新しい配達先には次の週から配達することになりましたが引き継ぎで新しい人に教えている時、この配達先の事を色々と思いだしていました。天ぷらをくれたおばさん長い階段を登る家、バイクで転んだ時助けてくれたおじさん、皆さんに挨拶したい気持ちもありましたが、辞めるのではなく新しい配達先に行くのでわざわざ挨拶に行くことはしませんでした。次の週、配達先に行くと私を最初に教えてくれたおじさんがいました。「久しぶり、ここは前のとこみたいに坂道も無いし、配りやすいよ」おじさんはニコニコ笑いながら話されました。言われた通り、その地区はマンションなどが多くて、1階のポストにまとめて入れることができる為、短時間でたくさん配達することができました。しかし、その分、今までより数が多いので量はかなり増え重くなりました。「前のとこからするとココは簡単だから」おじさんも1日しか指導してくれませんでしたが、翌日から一人で配りました。一軒配っていくらというのが新聞配達のシステムなので、私はすごく効率的な配達先に巡り合ったんだなと思いました。
 

 

 

ページ先頭へ

新聞配達(住込み)求人/トップページへ

 
 
ホームページ作成方法