新聞配達求人住み込み・アルバイト募集。寮完備・社宅完備,即決・即入居・日払い可能求人等(歩合営業・正社員・パート・バイト)募集検索,東京都内,横浜,川崎,千葉,埼玉,全国の新聞販売店仕事情報

 

 
 
 
 

新聞配達業界用語・・・【営業編 

購読者に関する用語

新聞販売店や営業マンにとって大切なのがお客様、特に契約していただいている購読者は神様みたいな存在です。その読者に関する業界用語をいくつか紹介しましょう。最もありがたいのが特定の新聞を継続して購読してくれる「固定読者」です。固定読者のなかには購読契約の期間は決まっていないが継続的に契約してくれる「約なし固定(約なし固定読者)」というお客様もいます。購読契約が切れれば「約切れ」といい、引き続きの契約をお願いすることになります。購読契約をしてくれていないお客様のことは「無読」と呼びます。固定読者とは反対に勧誘時のサービスを目的にちょくちょく新聞の銘柄を替えるお客様は「交代読者」と呼ばれ、少々取扱いに困る存在かもしれません。しかし契約をしていただければ有難いことは言うまでもありませんね。その大切なお客様が販売店の区域外に引っ越してしまうことを「転出」、新たに担当区域内に引っ越して来た人のことを「転入」といいます。

契約や成績に関する用語

せっかく営業マンが購読契約を取ったのに、お客様から解除されてしまうこともあります。こうした状況を「崩れ」といい、勧誘員の指示違反や販売店のフォロー不足などが原因になることが多いようです。一方、営業マンが取ってきた契約を販売店が確認する「監査」という用語もあります。これは営業マンの報告内容に誤りがないかチェックすることを指し、もし内容にズレがあれば不正と判断されてしまうので注意が必要です。契約したのにお客様が購読を止めてしまうこともあります。お客様が契約を解除することを「止め」、契約数に対する止めの割合を「回収率」といいます。止めが多ければ何か問題があると判断されるかもしれません。新聞社のことを業界用語では「販売局」と言います。その販売局が行なう販促キャンペーンは「コンクール」と呼ばれ、期間中は通常よりも高いカード料(契約料)が設定されるので頑張り時です。このキャンペーン時には契約料に金銭の上乗せがあったり、景品が提供されるなどの「プレミア」が付きます。なお、新聞の購読契約の件数を増やすことは「増紙」といい、お客様の新聞購読の契約期間が始まることを「入り」といいます。

 

参考/新聞配達業界用語・営業編①

参考/新聞配達業界用語・営業編②

参考/新聞営業の求人を検索

 

 

 

ページ先頭へ

新聞配達(住込み)求人/トップページへ

 
 
ホームページ作成方法